薬害エイズの再来か

ここでは、「薬害エイズの再来か」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の記事は、薬害エイズの再来になるかもしれないこんなニュースより。
 大阪市北区の米粉加工販売会社「三笠フーズ」による事故米の不正転売問題で、同社は8日、農薬のメタミドホスに汚染された中国産もち米約400トンについて、食用の袋に詰め替えて偽装し、出荷していたことを明らかにした。このもち米は帳簿上、佐賀県の仲介業者を通じて販売されたことになっていたが、福岡県の米穀加工業者などに直接販売されていた。(産経ニュース 2008.9.8)

関連のニュースをはじめてみた時「また中国か……」と思ったのですが、その程度の小さな問題ではないようです。

簡単に事件の概要を説明しますと

1993年(平成5年)の日本における記録的な冷夏による米不足現象

今まで禁止していた米の輸入を突然しなければならなくなる

弱みに付け込まれて、毎年一定数買うように迫られる

毎年、輸入することになった米からメタミドホスアフラトキシンが検出される

そのまま廃棄するのはもったいないので、工業用ならOKと民間業者に安く売った

その民間業者が金儲けのために全部食用に




発覚



……これが本当なら、とんでもないですよね。

メタミドホスは、中国のギョウザ事件で有名になりましたが、実はもっと問題なのがアフラトキシンです。

これは、輸入品目からしか検出されないカビから発生する毒で、地上最強の天然発癌物質であり、その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれるようなとんでもないものだそうです。

アフラトキシンは主に、肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られているそうですが、工業用であれば、もちろん検査はされませんから、基準値をどれだけオーバーしているかすらわからない食べ物をヘタをすると10年以上前から食べているかもしれないということになります。

下は肝臓がん患者の推移の資料図です。
76acf5d3.jpgfab6ca8b.jpgfb4eeda0.jpg1f337fcb.jpg

大阪の業者が佐賀県の仲介業者を通じて販売していたそうですね。
西日本に肝臓ガン患者が多いのは偶然なのでしょうか。



ちなみに今の農林水産大臣は
「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい」や「消費者がやかましいから徹底する」
という発言で有名な太田誠一(さそり座)さんが就任されているそうです。

そんな太田誠一さんの星座、さそり座は10位。
意見が通らずイライラ。
冷静に話し合って解決。
ラッキーポイント プラチナのピアス
(めざましテレビ 今日の占いcountdownより

太田誠一さんは、議員バッジの廃止を提案した事があるらしいので、代わりにプラチナのピアスをバッチリ胸に刺して、冷静に問題に対処してみるのはどうでしょうか。

問題途中で、原因究明なしに辞任して幕引きなんてことには絶対にしないでほしいと思います。












別サイトさまより。
この問題はもっと皆に知ってほしいな
――――
展開次第では色々な意味を含めているから
この日本の主食「米」に関する大問題は
如何なる自民党政権でも吹っ飛ばしかねないような 可能性を秘めているかも。

誠天調書: 薬害エイズ以上の問題になるかもしれない 米汚染


米って今化粧品にも使われてるんだよな
まだメーカー自体少ないけど保湿効果高くて安全で注目されている

鬼女と喪女と美容板連合が出現したら大変な事になるぞ

黒マッチョニュース : 【社会】汚染米ほぼ全量不正転売か 食品業者倉庫で50トン発見:


三笠フーズの社員によると、正規米がタイ産やベトナム産であれば、同じ産地の事故米を
精米機に かける前に混ぜることで、取引先に気づかれないよう細工していた。この社員は
「企業努力で1円でも 安くするためだった。ブレンド米は米業界では常識。味を落とさず
に配合割合を考えるのが米屋のテクニックで、その手法を応用した」と話している。

痛いニュース(ノ∀`):「企業努力とテクニックで」 有害米、なんと正規米にも混ぜて出荷…三笠フーズ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://waspstyle.blog64.fc2.com/tb.php/49-9d299afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。